Category Archives for music

上半期…総括

全然書いていませんでしたが、まだ見に来てくれている人はいるのだろうか…

2016年も半年過ぎた頃に一回書いておこうと思ったことは思ったのだけれど、思っただけでした。

そもそも映画の感想の方も、全然追いつかないくらいで(とりあえず、filmarksっていうところには登録してメモ書きはしている)アウトプット全くしておらず(別に仕事が忙しいとかでもありません)これはいよいよだめなのでは…と思ったので、今日はなんとなくPC開いたから書いてます(そう、PC開くのがめんどいのだよ)(デスクトップがある生活だとわりと開くのかもだ)

んなわけで、今年前半の総括をば…。

ライブはね、ほんと行ってない。申し訳ないけど全然見ていません。

今年はMETZをFEVERに観に行ったきりです。感想書いてないけど…。前に見た時よりおっさんになってたけど、それでも初期衝動の塊みたいな雰囲気は変わらずで、頭を振って楽しみました。でもなー、もうなー、ライブハウス自体がしんどい。座って観たい(年寄り)

アルバムはですねー何を聞いていたのかちょっと振り返ってみますね…。最近はほとんど買ってないんですよ…。Apple Musicが便利すぎてですね…。なので、新作だけじゃなくて旧作でも知らなかったバンドにはまったりとかいうことが(サントラ絡みとかで)あったりしました。

今年前半聞いていたアルバム

homepage_large.09043e69

Common Era / Belong
全然知らないバンドだったんですが、Dark Places(ダークプレイス)っていう映画のエンディングで流れて、去年映画祭の時に見た時も気になってはいたもののそのまま放置してたやつを、今回クレジットロールで目を凝らして探し、帰り道で聴き始めたのでした。私の好きなタイプのシューゲイザー(キラキラじゃなくてひたすら内向的)で、This Motal Coil的。男性デュオなんですってよ。2011年のアルバムでした。

 

a1896054534_16

Inner Journey Out / Psychic Ills

今年の前半は、これかNight Beatsかくらいな感じで、ものすごい再生数を誇っていると思います。聞き流すにもよし、ボケーっと聞いているもよし、気が立った時に聞くもよし(おさまる)でかなりお世話になりました。初期BJMっぽさもありつつ、もう少しゆるゆるな感じ。なーんもしたくなくなる。怒ってる自分とかバカかもとか思っちゃう。おすすめは7曲めのCoca-Cola Bluesと8曲めのBaby。バンドキャンプにもあるよ

 

382606

Who Sold My Generation / Night Beats

前はね、Night Beatsに関してはそんなに好きかなあ…っていうくらいの好きさだったんです。で、ロブがプロデュースしたって聞いた時も特にざわつくところもなかったんだけど…。なんかね、聴き始めたらすごいお気に入りになってしまいました。とにかくゆっくりしたい時はPsychic Illsでいいんですけど、やっぱ、ちょっとアゲていこうかなっていう日もあるじゃないですか。そんな日はこちらに切り替えていました。特にへなちょこなロケンロールみたいな7曲めのShangri Lah、Bad Loveです。Bad LoveはなぜかピートのSteal a Ride的なムードがあります。まあそうですねー、やっぱり全体的にロブが好きそう(つまり自分のバンド)のムードがすごく乗っかってるんだけど、もともとだるそうな人たちなので、そのあたりのミックスがうまくいってる感があります。(割とロブは優等生っぽいから…なんていうか、不良に憧れる優等生みたいな…個人の感想ですけれども)

他は、サントラでよく聞いてたのが1Qにおいては、The Martianのサントラですか、ディスコですけども。これは,映画を何度も見ていたからっていうのもあるし、単純にでぃすこはなんだか気持ちが前向きっぽくなるので、朝通勤時に聞くことが多かったです。

$

サウンドトラックの方じゃなくてソングスのほう。デラックス盤はどっちも入ってたような。→amazon

それから、7月に滑り込んできたのがシングストリートのサントラです。

81SpaA7LonL._SY355_

80年代のアイルランドの少年がバンド活動する(もちろん、動機は不純)お話なのだけれども、ちょうどニューロマンチックからニューウェーブ(おおきいくくりで)のキラキラした曲がオリジナルと既存の曲を混ぜて収録されていて、映画が大変良かったものですから、すっかりハマって聴いていました。→Amazon

そんじゃまた、気が向いたら書きますよ。


本当は、日常のあれこれを書くカスタム投稿タイプとかいうやつを投入したいんだけど、なかなかねー、腰が重くてねえ…。

映画の感想も全然書いてないけど、暑苦しい感想を書いている時もあるので、ぜひ映画のブログのほうもよろしくお願いしますよ。

Photo



theplanetofsound: Nick



theplanetofsound:

Nick

theplanetofsound: Bowie











theplanetofsound:

Bowie

theplanetofsound: Siouxsie



theplanetofsound:

Siouxsie

上半期音楽的なまとめ

買ったもの(印象に残っているモノ←良しにつけ悪しきにつけ、リリースは去年かも)(しかも順不同です、サーセン)
今回は画像はAmazonのリンクが貼ってあります。デジタルが買えるヤツはデジタルに、それ以外はヴァイナルのリンクを貼っています(のはず)どっちもないときはCDです。

chambers / Lorelle Meets The Obsolete
サイケフェスでライブを観たので買いました。ライブが良かったんでね。断然ライブの方が良いです。なんでしょうね、ドライブ感がレコードだと発揮されてないような気がします。あと音圧半端なかったので、でかめの音で聞くのがおすすめです。

Doug Tuttle S/T
こちらもサイケフェス、川縁のステージで観て大変よかったので購入。生で聞いてものすごくハーモニーが美しくて感動したんですが、ハーモニーも良いですし、結構ヘンタイぽい曲もおおいです笑。Woodsに近いところがあるような気もします。初夏から暑苦しい日までのリリーフとなってくれていますよ。

Get Back / Pink Mountaintops
これは名盤。暫定今年のベスト盤です。上半期ならこれ。一番聞いています。80sぽい香りをさせながらもケイオスでありポップであります。Joeさん(Icarus Line)のスタジオで録ったというのもプラスポイント。特にGiant DrugのAnnieちゃんとのコラボ曲はYYYsの初期のようでもあり、ポップグループぽくもあり、素敵です。サイケフェスではちょうど時間が合わなくてほとんどステージが見えない状態でしか見れなかったので、いつかちゃんとライブで観たいです。

Initiation / Haunted Hearts
CrocodilesのBrandonとDum Dum GirlsのDee Deeのカップルがやってるバンド。7インチのスリーブも衝撃だったけどこっちもエロいですよね。でも、中身は割とポップ、2つのバンドのちょうど真ん中あたりでした。結構聞いている←当たり障りない感じで聞きやすい。Dum Dumの新譜はちょっとがっかりだったので、こっちで溜飲下げてる。

Lost In The Dream / The War On Drugs
サイケフェスに出るというのでね、評判もよかったのでね、期待してたんだけど…。私の好きな感じじゃなかったです。このへんの定義難しいんですけど、埃っぽいアメリカンロックは好きなんですよ…でもなんかアリーナぽいのは好きじゃないんです。同じ理由でライブもあんまり期待通りではなかったです。もっとレイドバックしてた感じがするんだけどなあ…(ホステスで来日したときに観たのとなんか印象が違ってた)(サイン会の時の雰囲気もよかったしねえ←横からちょっかいだけ出してた人)

Luminous / The Horrors
こちらもね、サイケフェスでライブも観ています。アルバムとしてはもうこの方向性で固まったのかなーというのがうかがわれる1枚であり、まあ、可もなく不可もなく。この路線だと2個前のヤツが好きですね。私は、今さらポジパン?wwみたいなときが一番好きなので、まあ、良いです。ライブはジョシュアが可愛いのでジョシュアばかり観ていましたね。

Only Lovers Left Alive / S/T
こちらは、映画のサウンドトラックです。寒い間に映画は3回観に行きまして、サントラは180g(←重要)アナログ盤まで購入いたしました。大変好きですね。とくにFunnel of Loveが好きです。収録されてるのはCultsの女の子のヴォーカルバージョンですけど、これもなんとなく好きです。

A Psych Tribute to the Doors / VA
こちらは割と新しめのサイケバンドがドアーズのトリビュートをしているアルバムです。某TAKUから聞いて即購入。購入後はかなり聞きこんでいました。Dead SkeletonsのRiders on the Stormが一番好きかもしれませんが、どれもかなりいい感じでカバーされています。

Skull Warship / The Warlocks
これは発売は13年の11月なんだけど、今年買ったので。良くも悪くも変わらないですよね、Warlocksて感じのアルバムです。若干短いのかしら?

Revelation / The Brian Jonestown Massacre
前半は割と昔のBJMに戻ったのかな?っていう感じの曲調がなん曲か続いて後半は前作のムードを引きずっている感じですかね。前作が好きだった割には今作はあんまり響いてこなかったなあ…。ライブも観たんですけどね、全盛期を観たかった…という気持ちになりました。なんかねー。うん。

Underneath the Rainbow / Black Lips
はい、こちらもフェスに出る人の予習のために買いました。Black Lipsの音楽性は割と嫌いじゃない方なんですけどねえ、何だろうひとりのヴォーカルがダメなんですよ多分向かって右側の小さい子(だと思う、このバンドいろんな人が歌うから分かんないけど)の声がダメなんですね、音程が安定しない。そういうのが気持ち的にダメなんです。ごめんなー。

Nature Noir / Crystal Stilts
こちらもすいません、2013年9月リリースなんですけどすっかり忘れていたものですから、今年に入ってヴァイナルで購入しました(ダウンロードコードつき)ブリブリファズギターで大好物でした。でも、これ聴いてるとこの沼から這い上がれなくなるんですよ、なんだろう。ずっと聞き続けるので、ほどほどにしています笑。

Neon Gods Of Lost Youth / Dirty Beaches
来日公演の時の物販でCD-R買いました。ライブもね、方向性がどんどん明後日にいってしまったんですけど、観ている分には面白かったです。もうちょっとね、フォーマットに沿ったものをやってくれても良いのかなーとか思うけど、この人は自分のためにだけやっているといっているので、どうにもなりませんね。ごめんね、Hotel EPは買っていません(レコードストアーデイのBIG LOVEさんから出したヤツ)(タイミングがねー)

World of Joy / Howler
これはねー、買ったけど、全然聞いてないです(酷)なんとなく、D君の盟友というだけの立ち位置で買っています。

Tomorrow’s Hits / The Men
こちらも勢いで購入したんですけど、なんか思ったより普通のアメリカンロックでした。もうちょっとひねりが欲しいなあ。

With Light & With Love / Woods
こちらは安定のWoodsさん、ライブも観ました。キーボードの人が普通にキーボードがセットされてるところにいてつまらなかった(Nestでやったときはど真ん中に地べたに座って演奏してた)渋みも増していて好きなんですが、まったりしたときにだけ聞きたい感じなんですよね…殺伐としているときに落ち着こうと思って聞いてもあんまり効能なかった笑。

Too True / Dum Dum Girls
こちらは今回ものすごく力が入っていらっしゃるダムダムのサードアルバム。露出度(いろんな意味で)も上げてがんばっているとおり多分、これ、メインストリーム狙っていますよね。インディーから脱却するっていうわけではないけれど、ココマデできます!的なものを感じますですよ。でも、私にとってはちょっとやり過ぎかなーって感じで、狙いはブロンディなのかもしれないけど、バングルズとかゴーゴーズとかぽい感じがしてしまうのよね…(そこに違いがあるのかないのかは置いといて)だから、あまりにきれいにまとまりすぎちゃってて飽きるので、あんまり聴いてません。Vivian Girlsがこれが出るちょっと前に解散してるっていうのもね、なんかの暗示的な感じですよね。

Sun Structures / Temples
まあ、騒がれてましてね、そうすると私あまのじゃくですから暫く聞かなかったです。で、サイケフェスに出るので予習で聞きました。いいんですよ、いいんですけどね、楽曲は。なんかあれですね、すごく良くできすぎている感じがあって、大げさに言うと、60年代以外のエッセンスがあんまり感じられないっていうところがね、インパラさんとかとは違うかなーて思うわけですよ。ライブも観ましたら、いいんですよ、いいんです。ギターは更に増幅されていてわりかし爆音だし、演奏も破綻ないし、ドラムうまいし笑。でもなんか、どうしても借り物感がぬぐえなくて…。キャーキャー言われているうちは多分認めないと思います(どんなあまのじゃく)

というわけで、今年前半のチャンピオンはピンク・マウンテントップスとなりました!コレはほんといい、でも、万人に受け入れられるとは思えない…んだよなあ…どうなんだろう。私の中ではPMT祭でして、旧譜から掘り返しては聞いている今日この頃です。
そういえばさあ、Dead Combo自然消滅してるよねえ…どうしたかなあ…やっぱりHarriにやる気なかったのかなあ…。あんなに5月にでるから!ってNutti張り切ってたのになあ…。


ライブはですねえ…あんまり行ってないです。
1月のSavages
2月のパリ公演(BRMC、Dead Combo)、その前のウィークエンダー(ナソナル)
4月のDirty Beaches、Austin Psych Fest
くらいですね。

Savagesは本当によかったと思う。でも、前回のアストロの時の方が何かがほとばしっててよかったような気がする。
うちの人たちに関しては、パリは特別だったので、そこにいられてよかったなーっていうのはあるかな。
Dead ComboはほんとにNuttiとのふれあいタイムが楽しすぎた。なんだっけ、新曲がすごくよかったよね。
APFはすっっっっごくみたかったDestruction Unitをほとんど見られなくてほんとーーーにがっかりしたんだけれども、日本のバンドを観られてよかったです。特にBo Ningenのライブは観客に感動しました(お母さんの気持ちで)

とまあ、今年前半はこんな感じです。

おすすめフェロモンダダ漏れバンド

フェロモンダダ漏れに弱い私が、そんな素敵バンドの動画などを貼っていきます。個人の感想なので、これはフェロモンじゃないじゃない!とか、足りないわよ!という方は、是非コメント欄で説教してください笑。

きっかけはCALLAというバンドのTeleviseが10周年記念と言うことで記念ヴァイナルリマスターバージョンをリリースしたことです。もう10年経ったのか!という感じです。知ったきっかけは確か、アメリカのツアーでどこかでBRMCをサポートしたかなんかだと思います。



この声がたまらないですね。腰にくる感じ。

さて、この流れでこれを出さないわけにはいかないGlissです。こちらもBRMCのサポートをしたので知ったバンド。

オフィシャルでいいの探したけど、なかったのでこれで許して…

Death in Vegasのリチャードさんの幻のバンドBlack Acid

いかがわしさという意味ではCourtney Taylor Taylor率いるところのDandy Warholsちょっとポップな曲の印象が強いバンドですけど、コートニーの声は実際フェロモン満載です。

今は何をしているのやら…Dead Combo Suicide直系でございますよ。

これは若い!

Moon Duo このビデオはおかしいけど…

Psychic Ills

忘れちゃいけないWarlocks

時々ボビーはおばちゃんに見えるけど、気にしない。

Singapore Sling

えー、書き始めたら案外ネタなかったね。
最後にじゃあ、現在のわたくし的ナンバーワンフェロモンダダ漏れソングをのせておきます。

緊急車両通ってるけど気にしない…これ、リアちゃんドラム叩くの辛そう…

Aliveというサイトについて

色々思うことがありまして、色々書こうと思っていたこと(PRの原書を読み終わって2巡目しているから感想文とか、The Head and The Heartの新譜のこととか、最近見た映画(テレビ/ビデオ)のこととか(これは裏用か))をすっ飛ばして書きます。

https://www.alive.mu/

このサイトができたことを知ったのは、某Tくんのリツイートで、ほぼすぐにサイトを見に行ったときの私の感想は[ぱくられた]でした。でも、実際はパクリなどではなく、名誉毀損したいわけもありません。

みんなが見たいバンドをみんなで投票して呼んじゃおうぜ!というサイトです。

ここを読んでいる人で興味がありそうなのは、Crocodilesですかね。

さて、パクリと言ったからにはそのお話をします。
愚痴っぽいのでここで区切っておきますね。

(more…)

Gliss

新しいのが出るらしいです!1月22日!

コーチェラ二日目とか

二日目はそんなに見る人いないよねー、とか言いながら結構だらだら見てた笑

BUZZCOCKSは、爺さんっぷりに衝撃を受けつつも、若者がモッシュピットを作っているところを喜ばしい気持ちで見ていたら、Telephone Operatorやってずっこけそうになりました。それはソロだろう?懐かしいわあ…ということで。私の中のピート・シェリーはこの頃のピートなのですよ。ピート変わらないよねーというTwitterのリプが飛んできてどんだけ世代違うんだ…と悩みましたよ。あの腹、あのシャツの色…。

他にはWe Were Promised Jetpacksとか{エモい感じの音厚めのバンドでした。見た目が残念な感じ(ファンの人すいませんでも、色白ぽっちゃりで半ズボンはどうかと…)}、カサビアンとか{カセィビアンは最近めっきり聴いてないので、方向性が若干チェンジされてて残念でした(ファンの人すいません)…でも人気あるよねー}、あとで見損ねたなーと思ったのはLaura Marling、全然知らなかったけど、オンナ版Nick Drakeて感じですか。ブリティッシュフォークて感じ?見ればよかった。なんの裏番組だったんだ…?

昨日発表されて騒然なRadioheadも観ました。実のところ最新作は買ってなくてその前のもそんなに聴いてなくて、Hail To The Thiefがちゃんと聴いた最後のアルバムというていたらく、フジに来るっていうのもふーんていう感じではあったんですが、やっぱり観てみたら、すごかった。よかった。ナマで観たらまた違うんだろうけど(好きな曲だけを真剣に聴くという事はナマだとやりにくいもんね)曲の構成とか、ライティングとか、よく考えられてるし、やっぱでかいバンドはそういうところがぜんっぜん違うなーと思いましたよ。持ち歌がたくさんある=やってほしい曲やってくれない!とかもありそうだけど、フェスだとまんべんなく有名どころをちりばめているからいいですよね。かっこよかったよー。二回もアンコールやったしね。ツインドラムだしね(ポーティスヘッドのドラムの人が参加しててインタビュー読んだらおもしろかった。余談ですが、ファンサイトがすごいですね…ていうか、ファンが、か)

バズコックスで思い出したので、ニック・ホーンビィが編纂したSpeaking With The AngelをKindleで買いました。原書は持っていなかったのでちょうどよかった。この短編集はお薦めです(翻訳もいいよ)この本を出した時は、この売り上げはアスペルガー症候群の子供たちの施設のためのチャリティーになっていたんだよね(ニックのお子さんが、アスペルガー症候群なんですよね…それを書いた小説かエッセイもあったはず…未読ですが)

Speaking with the Angel 天使だけが聞いている12の物語

お薦めついでに最近読み始めた[変愛小説集]もおすすめです。岸本佐和子さんが訳しているからさすがの軽妙さ&チョイスも素晴らしい。日本の小説にはないんじゃないですかねえ、こういう感じ(とかいって、偏見で日本のヤツあんまり読まないんですけどね、出会ってないだけか…)(そういえばなぜか2から読み始めてた)

変愛小説集 変愛小説集2

 今週末はこんな感じでしたー。

back to top